職場が嫌だ!我慢の限界!行きたくない!休みたい!転職したい!と思った薬剤師が転職前に注意すること

大手ドラッグストアーの写真薬剤師転職エージェント

職場に行きたくなければ、休みましょう。そして行きたくなる職場に行きましょう。職場の形態が自分が仕事に求める形態とマッチしていないことが原因です。

薬局やドラッグストアーの数はコンビニの数より多く、これからもどんどん増えていく可能性が高いです。そのため薬剤師の需要はかなりあります。今も昔も将来も薬剤師はひっぱりだこ状態です。AI技術が進展しても薬剤師の仕事がなくなることはないでしょう。

自分が仕事に求める形態が同じ形態の職場で働いたほうがいいです。すぐに辞めて転職しましょう。

薬剤師が職場に行きたくない!休みたい!辞めたい!転職した!と思う原因

  • 薬剤師の方で、自分が向いていないと思っている人の場合、精神的、肉体的に辛いことが原因の場合があります。精神的に辛い一番多い原因は人間関係です。人間関係が悪いと、職場に行きたくない、休みたい、辞めたい、転職したいと思うようになります。
  • 薬剤師の方がドラッグストアーで働かれていて勤務時間が長いことが原因のことがあります。勤務時間が長くなるとプライベートの時間を確保できなくなり、ストレスが溜まっていきます。
  • 薬剤師の方で調剤薬局などで働かれていて仕事が単調なことが嫌ということが原因でストレスが溜まることがあります。
  • 職場全体の雰囲気が向上心がないことが原因でストレスが溜まることがあります。

薬剤師が職場に行きたくない!休みたい!転職したい!と思ったときの解決策

病院待合室の写真

病院の待合室

  • 薬剤師の方で今、精神的、肉体的に辛いことが原因で職場に行きたくない、休みたい、辞めたい、転職したいと思われている人は、一度、会社を辞められることをオススメします。半年から1年ほど休養してから新たな職場に転職するほうがいいです。
  • 薬剤師の方がドラッグストアーで働いていて、勤務時間が長くてプライベートな時間がとれないことが原因で職場に行きたくない、休みたい、辞めたい、転職したいと思うときは収入は下がりますが調剤薬局か病院の薬剤師に転職されたほうがいいです。勤務時間は一般的に9時から18時位になり残業も多くても1時間ほどとなりますのでプライベートな時間をとることができます。
  • 薬剤師の方が調剤薬局で働き仕事が単調で向いていないと思われているときは、収入は下がりますが、病院の薬剤師に転職し服薬指導など調剤以外の業務に従事することがいいです。
  • 職場全体の雰囲気が、知識のステップアップをやらず向上心がなく、判断基準が医師になっていて自分で判断基準がない場合、特に薬局長が適正がない場合、そういう人たちの影響を受けない向上心ある職場を創造するため転職も視野に勇気を持って行動する必要があります。
人間関係に問題が発生した場合大手ドラッグストアーや大規模薬局では配置換え等で対応できますが、中小規模薬局では配置換え等が難しく対応に困り退職を余儀なくされるケースが多いです。
現在、薬剤師は売り手市場のため一般的な転職は問題ありません。
薬剤師として働かれている方が求める仕事に対する形態と合った形態の職場に転職するほうがいいです。

薬剤師として働かれている方の転職先と仕事形態

調剤薬局の写真

近所の調剤薬局

ドラッグストアー
薬局
病院
研究所・企業

などがありますが、それぞれ仕事形態に特徴があります。

ドラッグストアーの薬剤師は12時間営業で年間休日は100日位です。ドラッグストアーの営業時間は調剤薬局と比べて1.5倍長く休みも少ないです。マーケティングにも興味がある薬剤師の方には向いています。大手ドラッグストアーなどの大規模チェーン店の場合は研修制度も充実していて最新の薬学知識を研修で得ることができます。しかし、調剤業務ができないことがあるので調剤知識を得たい方や将来、調剤薬局で働きたい薬剤師の方には向いていません。

薬局での薬剤師は医療事務者と協力して作業してます。薬剤師の1日のルーテインは調剤や監査、投薬、薬歴入力です。製薬会社の方が新薬の説明をするため来てくれることがあります。病院が近くにある場合、病院の最後の患者が来られるまで帰れない事があります。年間休日は120日位です。大規模薬局のメリットは薬剤師が多く働いているためお互いにスキルアップできるところです。また研修制度も整っています。適正のない薬局長がいないことのほうが多くて安心です。大規模薬局のデメリットは比較的ルーティーンやマニュアル作業が多くなる傾向にあることです。職場の人数が多く分業制のため仕方ないです。また新しい意見が採用されにくいです。それに対して中小規模薬局では臨機応変さが求められます。とくに患者と心のかよった対応が、最新薬学知識よりも求められます。

病院の薬剤師は処方箋の3%の割合で疑義照会をやります。外来業務は非常に忙しく1日1000人以上の患者が来られることがあります。病棟業務は入院患者さんとの距離が近く直接感謝の言葉を聞けるため病院薬剤師にとってやりがいがある業務です。救命救急業務は迅速確実な判断が求められる重要な業務です。注射薬混合業務はアンプルやバイヤルにはいった注射薬を点滴に混ぜすぐに使える状態にする業務です。衛生管理が求められます。医療現場でやりがいがある仕事です。より高度で最新の薬学知識が求められるため、日々勉強してスキルアップする必要があります。

 

製薬会社研究職の薬剤師は、大手製薬会社は新卒でないと正社員になりにくいです。MR部門(営業)と開発部門(CRO)、研究部門(創薬)は大学院卒でないと難しいです。MRの場合、お医者さんと学会に同行することがあります。休みは取りやすいです。

派遣薬剤師として働く方法もあります。派遣薬剤師として働くメリットは正社員より給料がいいことです。薬剤師の方に結婚、海外留学など目的があって一時的に働きたい場合は、目的が達成するまで派遣薬剤師として働き、目的達成すれば辞めるといった、目的のあるいい働き方です。派遣薬剤師とし働くデメリットな例は派遣会社の担当者が忙しくて、薬剤師とのコミュニケーションがとれずに必要な説明を受けないまま働き、後で納得できないので職場を辞めたいといったケースです。中堅規模の派遣会社で仕事を掛け持ちしている担当者に多い悪いケースです。職場で派遣薬剤師として働きやすいかどうかは、派遣会社の担当者のフォローが重要になりますので注意しましょう。派遣薬剤師として働いていれば、職場で人間関係の問題が発生したときに、すぐに辞めて別の職場ですぐに働ける良さがあります。

薬剤師の給料面について

大手ドラッグストアーの写真

駅前の大手ドラッグストアー

1年目から給料が高めなのがドラッグストアーです。ついで薬局です。しかしドラッグストアー・薬局の昇給スピードは早くないです。大手ドラッグストアーでは住宅補助など手当が充実しています。
また、田舎のドラッグストアーでは薬剤師が不足しているため高い報酬で募集していることがあります。

病院は1年目はドラッグストアーや薬局に比べて低いですが勤続年数による昇給スピードが速いです。なお公立病院と製薬会社の場合、新卒採用に重点をおき途中採用は行っていないことがあります。

企業薬剤師は家賃補助等福利厚生がいいです。年収は一番高い傾向にあります。成果主義の大手の製薬会社の場合年収1000万も可能です。

退職したいと思ったときに注意すること

薬剤師として働かれている方が退職したいと思ったときは、法律上は2週間前に職場に通知すれば問題ありません。しかし、一般的には、仕事の引き継ぎなどのため余裕をもって1か月前には通知したほうがいいです。管理職の方は2カ月前には通知したほうがいいです。

薬剤師として働かれている方が結婚が理由でできれば退職しないほうがいいです。勤務時間が15時くらいまでしか働けないということになると薬局などでは19時くらいまで営業してますので、再就職が難しくなります。

薬剤師として働かれている方が妊娠したために辞めたいと思ったときは、できればすぐ退職せずに社会保険を利用されて、育児手当、休業手当を受給してから、復職されたほうがいいです。結婚のときと同様の理由で再就職が難しいことも理由です。

転職するときに注意すること

  • 薬剤師として働かれている方が転職するときは、人事担当者に勤務可能時間等、転職理由を気を使わずに伝えることが重要です。働きはじめてからミスマッチが起きないようにしましょう。
  • 薬剤師として働かれている方が転職するときは、3社ほど同時に受けたほうがいいです。それは入社するかどうか結論を出すまでの猶予が1週間ぐらいしかないからです。
  • 薬剤師が病院から薬局へ転職するときは、調剤ができれば問題ありません。職場の雰囲気が病院と調剤薬局では違いますので、見学に行っていろいろ質問して人間関係を見極めることが重要です。
  • 管理薬剤師として働かれている方の転職は、管理薬剤師の募集が少ないため3カ月ぐらい前から余裕をもって探してください。転職エージェントに相談するほうがいいです。
  • 薬剤師として働かれている方の場合、中高年の方の場合、調剤経験がない方が調剤薬局での転職を希望する場合など、その方のキャリヤによって難しい場合がありますが、キャリヤがあることであれば問題ありません。

まとめ

郊外のドラッグストアーの写真

郊外のドラッグストアー

どの形態の職場を選ぶかは、自分がどの形態の職場が合っているのかを見極めることです。薬学の知識や能力アップをめざしたい方や家族との時間を大切にしたい方、高収入を求める方など仕事の目的は様々です。

もし現在、働いている職場が自分に合っていない形態だとしたら、すぐに辞めて他の形態から職場を選んだほうがいいです。

病院と薬局、ドラッグストアーでは仕事形態が全然違うので我慢してうつ病などになる前に、余力のあるうちに転職してください。

第三者である専門家と相談して決める方法が一番おすすめです。

医療・介護専門の転職サポート20年の実績【薬剤師ベストキャリア】
薬剤師ベストキャリア

自分に合った形態の職場で働き、同じ志の方と充実した仕事をしてご活躍していただけることを願っています。

 

タイトルとURLをコピーしました