職場へ行きたくない!休みたい!転職したい!と思った薬剤師が転職前に注意すること

薬剤師の転職理由薬剤師転職エージェント

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

職場に行きたくなければ、休みましょう。そして行きたくなる職場に行きまょう。職場へ行きたくなくなるのは、職場の形態が自分が仕事に求める形態とマッチしていないことが原因です。

薬局やドラッグストアーの数はコンビニの数より多く、これからもどんどん増えていく可能性が高いです。そのため薬剤師の需要はかなりあります。患者さんへの心の通った対応が求められる仕事だからです。

職場の仕事内容や人間関係が原因で、職場が嫌になってしまい、精神的に辛くなることはよくあります。そうなってまでそのまま職場へ行く必要は全くないです。うつ病などの精神的な病気になったら回復に時間がかかります。

自分が仕事に求める形態が同じ形態の職場で働いたほうがいいです。すぐに辞めて転職しましょう。

もし、薬剤師を辞めたいと思っているなら、経済的に可能ならば辞めて全く別の事を始めることもいいと私は思います。なぜならあなたが心底に求めている事だからです。やってみてどんな結果になってもけっして無駄にはならないです。

毎日の生活で壁を感じたら、その壁をクリアーにする方法を見つけ、また別の壁を感じたらその壁をクリアーする方法をまた見つけるといった繰り返しになって、職場であきらめないでがんばり続けたり、その結果うまくいったり、病気になったり、思いが違って怒ったり、仲が悪くなったり、会社を休んだり、辞めたり、転職したり、いろいろあります。

結論を先に申し上げますと私がこの記事で書きたかったことは

どのような局面に対しても、あなた自身が職場に求める形態=あなたの基準、で正直に選び続けるしかないです。悩んだら自分の心の声を優先しないと寄り道することになったり、道に迷ったらもっと時間をロスすることになります。悩んだ後は、自分の基準の方へゆっくりでも進み続けるしかないです。悩まず、迷わず、簡単に早く自分の基準にあった職場をマッチングしてくれる薬剤師転職エージェントを利用することを強くオススメします。

具体的な選択肢は4つです。

薬剤師が、職場へ行きたくない!休みたい!転職したい!と思う原因

薬剤師の転職理由

  • 薬剤師の方で、自分が向いていないと思っている人の場合、精神的、肉体的に辛いことが原因の場合があります。精神的に辛い一番多い原因は人間関係です。人間関係が悪いと、職場へ行きたくない、休みたい、転職したいと思うようになります。
  • 薬剤師の方がドラッグストアーで働かれていて勤務時間が長いことが原因のことがあります。勤務時間が長くなるとプライベートの時間を確保できなくなり、ストレスが溜まっていきます。
  • 薬剤師の方で調剤薬局などで働かれていて仕事が単調なことが原因でストレスが溜まることがあります。
  • 職場全体の雰囲気が向上心がないことが原因でストレスが溜まることがあります。

薬剤師が職場へ行きたくない!休みたい!転職したい!と思ったときの解決策

薬剤師の転職成功 

  • 薬剤師の方で今、人間関係によって 精神的、肉体的に辛いことが原因でもう嫌だ、疲れた、我慢の限界、職場へ行きたくない、休みたい、などと思われている人は、会社を退職されることをオススメします。もう嫌だ、我慢の限界といった精神状態になってしまうと病気が発症する一歩手前まできています。そういう追い込まれた精神状態になる前に、半年から1年ほど休養してから新たな職場に転職するほうがいいです。
  • 薬剤師の方がドラッグストアーで働いていて、勤務時間が長くてプライベートな時間がとれないことが原因で職場に行きたくない、休みたい、辞めたい、転職したいと思うときは収入は下がりますが調剤薬局か病院の薬剤師に転職されたほうがいいです。勤務時間は一般的に9時から18時位になり残業も多くても1時間ほどとなりますのでプライベートな時間をとることができます。
  • 薬剤師の方が調剤薬局で働き仕事が単調で向いていないと思われているときは、収入は下がりますが、病院の薬剤師に転職し服薬指導など調剤以外の業務に従事することがいいです。
  • 職場全体の雰囲気が、知識のステップアップをやらず向上心がなく、判断基準が医師になっていて自分で判断基準がない場合、特に薬局長が適正がない場合、そういう人たちの影響を受けない向上心ある職場を求めて転職も視野に勇気を持って行動する必要があります。
人間関係に問題が発生した場合大手ドラッグストアーや大規模薬局では配置換え等で対応できますが、中小規模薬局では配置換え等が難しく対応に困り退職を余儀なくされるケースが多いです。
現在、薬剤師は売り手市場のため一般的な転職は問題ありません。
薬剤師として働かれている方が求める仕事に対する形態と合った形態の職場に転職するほうがいいです。
ファルマスタッフさんは自分に合った形態の職場を紹介できる最もオススメの転職エージェントです。薬剤師として働かれている方で精神的にはまだ余裕がある方は自分にあった形態の職場を見つけるため少しでも早く行動したほうがいいです。
ファルマスタッフさんは東証一部上場日本調剤のグループ企業で信用があり公開求人数は61000件以上で転職相談満足度96.5%(2018年7月25日~8月22日実施)です。薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1(2019年7月日本マーケティングリサーチ調査)になっています。無料転職サポート登録は約1分で完了します。
引用元:ファルマスタッフ
https://www.38-8931.com/ 2020.7.1
初めての方でも無料でお気軽にご相談できます。

ファルマスタッフ求職者様からの口コミ

ファルマスタッフ

満足度95.2%

お会いすることでこちらの気持ちが伝わり、また担当の方から相手先の情報もいただき良い活動ができました。面接のときに聞きずらいことも聞いてもらえてよかった。

満足度94.9%

薬局さんとの信頼関係や薬局のカラー、中小規模の会社さんなどをよく把握されているのは、訪問したりして紹介実績がある強みだと思う。

※お客様満足度調査アンケート 2020.1.31~2020.2.22

引用元:ファルマスタッフ https://www.388931.com/about/   2020.8.23

求職者様とお会いする姿勢を大切に心の通った求人紹介を最も重視しているファルマスタッフは口コミ評価が高いです。また採用担当者様からも、求人者の相性、適正を考慮して求人者様を紹介してもらえるため、ファルマスタッフの評価は高いです。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

薬剤師として働かれている方の転職先と仕事形態

薬剤師の転職先

などがありますが、それぞれ仕事形態に特徴があります。

ドラッグストアーの薬剤師は12時間営業で年間休日は100日位です。ドラッグストアーの営業時間は調剤薬局と比べて1.5倍長く休みも少ないです。マーケティングにも興味がある薬剤師の方には向いています。大手ドラッグストアーなどの大規模チェーン店の場合は研修制度も充実していて最新の薬学知識を研修で得ることができます。しかし、調剤業務ができないことがあるので調剤知識を得たい方や将来、調剤薬局で働きたい薬剤師の方には向いていません。

薬局での薬剤師は医療事務者と協力して作業してます。薬剤師の1日のルーテインは調剤や監査、投薬、薬歴入力です。製薬会社の方が新薬の説明をするため来てくれることがあります。病院が近くにある場合、病院の最後の患者が来られるまで帰れない事があります。年間休日は120日位です。大規模薬局のメリットは薬剤師が多く働いているためお互いにスキルアップできるところです。また研修制度も整っています。適正のない薬局長がいないことのほうが多くて安心です。大規模薬局のデメリットは比較的ルーティーンやマニュアル作業が多くなる傾向にあることです。職場の人数が多く分業制のため仕方ないです。また新しい意見が採用されにくいです。それに対して中小規模薬局では臨機応変さが求められます。とくに患者さんへの心のかよった対応が、最新薬学知識よりも求められます。

病院の薬剤師は処方箋の3%の割合で疑義照会をやります。外来業務は非常に忙しく1日1000人以上の患者が来られることがあります。病棟業務は入院患者さんとの距離が近く直接感謝の言葉を聞けるため病院薬剤師にとってやりがいがある業務です。救命救急業務は迅速確実な判断が求められる業務です。注射薬混合業務はアンプルやバイヤルにはいった注射薬を点滴に混ぜすぐに使える状態にする業務です。衛生管理が求められます。医療現場でやりがいがある仕事です。より高度で最新の薬学知識が求められるため、日々勉強してスキルアップする必要があります。

 

製薬会社研究職の薬剤師は、大手製薬会社は新卒でないと正社員になりにくいです。MR部門(営業)と開発部門(CRO)、研究部門(創薬)は大学院卒でないと難しいです。MRの場合、お医者さんと学会に同行することがあります。休みは取りやすいです。

 

派遣薬剤師として働く方法もあります。

派遣薬剤師として働くメリットは正社員より給料がいいことです。また薬剤師の方に結婚、海外留学など目的があって一時的に働きたい場合は、目的が達成するまで派遣薬剤師として働き、目的達成すれば辞めるといった、目的のあるいい働き方ができます。

派遣薬剤師とし働く悪い例は派遣会社の担当者が忙しくて、薬剤師とのコミュニケーションがとれずに必要な説明を受けないまま働き、後で納得できないので職場を辞めたいといったケースです。中堅規模の派遣会社で仕事を掛け持ちしている担当者に多い悪いケースです。

職場で派遣薬剤師として働きやすいかどうかは、派遣会社の担当者のフォローが重要になりますので注意しましょう。

薬剤師として働かれている方で近い将来にやりたい事が決まっていて長くは働けない場合にもオススメできる薬剤師転職エージェントです。

ファルマスタッフ求職者様からの口コミはこちら

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

派遣薬剤師として働いていれば、職場で人間関係の問題が発生したときに、すぐに辞めて別の職場ですぐに働ける良さがあります。

薬剤師として働いている方の体験談

薬剤師の転職体験談

薬剤師として薬局で働き始めて2年の男性Tさんのケース

薬局の薬剤師として働いているけど給料の上がり幅が小さく、努力してもそんなに上がらないためやりがいが感じられない。

薬局の薬剤師の仕事は患者さんから処方箋を受け取って、薬を準備して監査し確認してから服薬指導するといったルーティンワークをしていて、このまま10年、20年とこのルーティンワークを続けていくのかと思うと絶望している。

患者の対応、電話応対、周りに頼まれると手伝わなくてはならないといったマルチタスクで無心にこなさなければならず自分のペースで仕事ができなくてストレスがたまっている。

薬剤師として開業し薬局で30年働いている男性Yさんのケース

Yさんは現在薬局経営をされているのですが、薬局経営することは意外と簡単にできている。資金は日本政策金融公庫に事業計画書を提出して借りられた。他の事業に比べると開業が楽だと思う。

もし経営がうまくいかなくてもどこかの薬局で働けるという気持ちでやっている。

薬局で働いていると近隣のドクターと仲良くなりやすく本音で話しができるようになれば、病気になったときに適切な病院を紹介してもらえる。またMRやMCからも情報を得て適切な病院を教えてもらえるなどのメリットがある。

薬学の知識があったため、アトピーで悩んでいる子供の処置や母の認知症の処置がうまくいき進行を遅らせることができたり父の胃ろうの処置がうまくできたり、家族の健康に役立つことができる。

現在、コロナウィルスなどでエタノール消毒液やマスクなど不足しがちな医療物資が手に入れやすい。

 

薬剤師として調剤薬局で正社員として働いている28歳女性Aさんのケース

店舗の手伝いにいくと薬の種類が多いため大変。手伝いに行く店舗が専門病院の近くだと覚えなければいけない薬に偏りがでるため、できれば総合病院の近くの店舗へ行って知識の偏りを防ぎたい。

人間関係は運よく良好だ。

薬剤師の給料面について

薬剤師の給料

1年目から給料が高めなのがドラッグストアーです。ついで薬局です。しかしドラッグストアー・薬局の昇給スピードは早くないです。大手ドラッグストアーでは住宅補助など手当が充実しています。
また、田舎のドラッグストアーでは薬剤師が不足しているため高い報酬で募集していることがあります。

病院は1年目はドラッグストアーや薬局に比べて低いですが勤続年数による昇給スピードが速いです。なお公立病院と製薬会社の場合、新卒採用に重点をおき途中採用は行っていないことがあります。

企業薬剤師は家賃補助等福利厚生がいいです。年収は一番高い傾向にあります。成果主義の大手の製薬会社の場合年収1000万も可能です。

辞めたいと思ったときに注意すること

薬剤師転職の注意

薬剤師として働かれている方が退職したいと思ったときは、法律上は2週間前に職場に通知すれば問題ありません。しかし、一般的には、仕事の引き継ぎなどのため余裕をもって1か月前には通知したほうがいいです。管理職の方は2カ月前には通知したほうがいいです。

薬剤師として働かれている方で、今すでに人間関係が原因で精神的に、もう嫌だ、我慢の限界だと感じている方は、後先考えずに、すぐに有給休暇を消化してから傷病手当を受給し、失業給付を受給の流れで十分に休養してください。言い方は悪いかもしれませんが、あなたの代わりは必ずいますので。あなたは自分の体のほうを優先してください。

薬剤師として働かれている方が結婚が理由の場合、できれば退職しないほうがいいです。勤務時間が15時くらいまでしか働けないということになると薬局などでは19時くらいまで営業してますので、再就職が難しくなります。

薬剤師として働かれている方が妊娠したために辞めたいと思ったときは、できればすぐ退職せずに社会保険を利用されて、育児手当、休業手当を受給してから、復職されたほうがいいです。結婚のときと同様の理由で再就職が難しいことも理由です。

転職するときに注意すること

薬剤師の転職注意2

薬剤師として働かれていた方で、人間関係など精神的な理由で休養されていた方が転職するときは薬剤師転職エージェントと相談しながら転職先を探したほうがうまくいくと思います。

  • 薬剤師として働かれている方が転職するときは、人事担当者に勤務可能時間等、転職理由を気を使わずに伝えることが重要です。働きはじめてからミスマッチが起きないようにしましょう。
  • 薬剤師として働かれている方が転職するときは、3社ほど同時に受けたほうがいいです。それは入社するかどうか結論を出すまでの猶予が1週間ぐらいしかないからです。
  • 薬剤師が病院から薬局へ転職するときは、調剤ができれば問題ありません。職場の雰囲気が病院と調剤薬局では違いますので、見学に行っていろいろ質問して人間関係を見極めることが重要です。
  • 管理薬剤師として働かれている方の転職は、管理薬剤師の募集が少ないため3カ月ぐらい前から余裕をもって探してください。転職エージェントに相談するほうがいいです。
  • 薬剤師として働かれている方の場合、中高年の方の場合、調剤経験がない方が調剤薬局での転職を希望する場合など、その方のキャリヤによって難しい場合がありますが、キャリヤがあることであれば問題ありません。

まとめ

まとめ

どの形態の職場を選ぶかは、自分がどの形態の職場が合っているのかを見極めることです。薬学の知識や能力アップをめざしたい方や家族との時間を大切にしたい方、高収入を求める方など仕事の目的は様々です。

もし現在、働いている職場が自分に合っていない形態だとしたら、すぐに辞めて他の形態から職場を選んだほうがいいです。

病院と薬局、ドラッグストアーでは仕事形態が全然違うので我慢してうつ病などになる前に、余力のあるうちに転職してください。

すでに精神的に追い詰められている方の場合、少しでも早く薬剤師転職エージェントと相談して決める方法がいいです。多くの貴重なアドバイスが得られます。そして遠慮することなく職場を辞めましょう。うまくいかない原因はあなたと職場が合っていないからだけです。だれも悪くはないです。職場側からすれば職場の形態に合った薬剤師の方に働いてほしいですし、あなたは自分の基準に合った職場で働くほうがいいからです。

ファルマスタッフは、求職者の特徴などを実際にお会いして把握し適格に状況を口頭で採用担当者へ伝えていただけるところがオススメできます。

ファルマスタッフ求職者様からの口コミはこちら

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

薬剤師ベストキャリア自分に合った形態の職場で働き、同じ志の方と充実した仕事をしてご活躍していただけることを願っています。

 

ページトップへ

タイトルとURLをコピーしました